2011年 02月 03日

新燃岳と・・出水のツルと・・・

新燃岳の爆発の写真が新聞の1面に載っています(2日)

1日朝 ドーンという音に驚き
「桜島? 新燃岳?・・」

外に出て 霧島の方からの噴煙を見ながら 
「今のが空振・・」
と 妙にせつない気持ちになりました




同じ新聞の社会面に
『出水のツル北帰行第一陣飛び立つ』と・・・
 
鳥インフルエンザに感染したナベズル6羽が見つかり
その後 小康状態を保っていました

ああ~ ほっとしました

小さな記事でしたが 
このまま ツルたちが無事にシベリアに帰ってくれると
嬉しいですね~

f0203772_015991.jpg

              (出水の山茶花です)
[PR]

by hananoegama | 2011-02-03 00:11 | 日常 | Comments(10)
Commented by kanmyougama at 2011-02-03 11:25
ツルの北帰行が始まりました。
まだ渡りは1ヶ月半は続きますから
心配は続きます。
いい作品が沢山できましたね。
Commented by hananoegama at 2011-02-03 13:42
kanmyougamaさんへ
3月まで・・ 最後の1羽が飛び立つまで・・ですね
出水の養鶏農家の方も大変ですね
被害が大きくならない事を願っています
作品は以前のものばかりです(恥ずかしながら・・)
ひと窯焼いてよかったです
Commented by cahiersauvage at 2011-02-03 18:14
野生の鶴は大量死することは無いと思います。適当な距離を保っているので。
火山の威力はすごいですね。連日こちらでもニュースで報道されています。収まってくれるといいですけど。
Commented at 2011-02-04 18:23
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hananoegama at 2011-02-04 23:27
敬子さんへ
私もツルは大丈夫だと思っています
今日は鹿児島市に用事があり桜島を見ながら海沿いの道路を運転しました
桜島もすこーし煙を出していましたが
新燃岳にくらべたら 可愛いかったですよ!
Commented by hananoegama at 2011-02-04 23:38
鍵コメさんへ
頑張っている人が好きなのですよ!
Commented at 2011-02-05 19:13
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hananoegama at 2011-02-05 23:20
鍵コメさんへ
了解です!
Commented by doroncoasobi884 at 2011-02-06 07:48
心配は時が解決してくれますが傷跡残さないで欲しい。
出水のツルは有名です。以前北海道旅行中
タンチョウ鶴をみましたが数は少なく
管理保護されてました。そのことを思うと
出水では飛来する鶴の群れは壮観でしょうね。
見てみたい。
Commented by hananoegama at 2011-02-06 08:36
どろんこさんへ
日曜日も早起きなんですね
出水のツルは毎年1万羽を越えそれはそれは壮観なのですが
多くなりすぎると今回のように病気が発生した時が大変ですね
随分前から飛来地を分散させるよう試みているようですが
ツルは出水にきてしまい難しいようです
農作物を荒らすツルに困って今の所にえさをまいたのが始まりだと聞いていますが
野生の生き物との関わりは判断が本当に難しいと思います


<< 暖かい・・・      花のえ窯展・・・ >>